妊娠中に腎臓結石になったら?






妊娠中は腎臓が機能的また形態的に大きく変化します。

尿路が拡張し、腎臓の中を通る血液の量が、
妊娠していない時と比べるとかなり増加します。



妊娠中の尿路結石

妊娠中には感染などが原因で、尿路感染症や急性腎不全などの病気を発症しやすくなります。
腎臓結石などの尿路結石も頻発します。

妊娠中に腎臓結石を発症した場合には、入院しなくてはいけなくなる場合もあります。
病院では鎮痛剤や点滴で対処します。

◆どんな症状だと腎臓結石(尿路結石)?
妊娠中はホルモンバランスが崩れるなど、様々な要因が絡み合い不調を抱えているものです。
病気に気づく為にも、尿路結石になるとどんな症状が出るかを知っておいた方がいいでしょう。

◆尿路結石の症状
・血尿
・強い腹痛
・強い背中の痛み
これらの症状には個人差がありますから、必ず出るというものではありません。

◆痛みが出たら病院へ
妊娠中は結石ができたとしても、
鎮静剤を服用したり弱い点滴を打ってもらうことくらいしかできません。

病院で点滴を受けると、大量の尿が出てその際に結石も一緒に流れ出ることがあります。

特に効果的な治療法は妊娠している限りできませんが、
点滴などで少しは楽になりますから、症状が出たらかかりつけの病院を受診して相談してみましょう。

そして出産後に改めて結石の検査を行うといいと思います。



Copyright(C) 2011 【腎臓結石の原因・症状・治療】 Allrights reserved.