腎臓結石を予防するには?



腎臓結石は普段の食事を少し見直すことで
予防することができます。

食生活の変化は慣れない間は大変ですが、
日常化すれば何のストレスもありません。

腎臓結石や尿管結石など腎臓の病気を防ぐ為にも、
あなたの今の食事を一緒に見直してみませんか?



腎臓結石を食事で予防する

・水分をとる!
尿のカルシウム濃度が上がると結石ができやすくなります。
また、小さな結石であれば尿と一緒に体外へ流れていってくれます。
ですから濃い尿にしない為に、結石を流し出してもらう為に、水分を多くとりましょう。

一日の水分摂取量は1.5〜2リットルが理想的とされています。

・動物性たんぱく質を控える!
動物性たんぱく質を過剰に摂取すると、結石が出来やすくなってしまいます。
特にとり過ぎに注意しなくてはいけないのは牛肉やレバーです。

・野菜を摂る!
ほうれん草以外の野菜、繊維を多く含んだ野菜を摂るようにしましょう。
繊維は余計なカルシウムの吸収を防いでくれます。
ほうれん草を摂りすぎると良くないのには訳があります。
それは、結石をつくりやすくするシュウ酸を多く含んでいるからなのです。


以前の通説では、カルシウムを摂りすぎると結石が出来やすくなると言われていました。
しかし、カルシウムは結石の形成を促すシュウ酸の吸収を減少させてくれる働きがあるのです。
ですから、適度にカルシウムを摂ることも忘れてはいけません。

「富裕病」とも言われる腎臓結石。
できれば食事は低カロリーの和食にした方がいいようです。



Copyright(C) 2011 【腎臓結石の原因・症状・治療】 Allrights reserved.